患者さん・ご家族・医療関係者のみなさまへ
もっと知ろう「緩和ケア」 緩和ケアはどのように行われるの? チーム医療による緩和ケア

緩和ケアは、チームで行われます。施設によって状況に差がありますが、医師と看護師・薬剤師が中心となり、
・ソーシャルワーカー(医療社会福祉士)
・カウンセラー(臨床心理士)
・宗教家
・理学療法士
・作業療法士
・栄養士
・音楽療法士
・ボランティア
などがチームとなって患者さんのニーズに対応していきます。大切なのは、患者さんがチーム医療の一員であるということです。



医 師 主治医(治療医)のほかに、緩和ケア専門医(がんに伴うさまざまな症状をコントロールする医師)がいます。
看護師 担当看護師(日常のケアをする看護師)のほかに、緩和ケア認定看護師(緩和ケアに関する専門的知識や技術をもった看護師)などがいます。
薬剤師 痛みをはじめとした、さまざまな症状をコントロールするための薬について、個別に詳しい説明をします。
ソーシャルワーカー
(医療社会福祉士)
患者さんとご家族の生活全般(経済面、福祉制度、在宅療養のための転院先、訪問看護などの調整)をサポートします。
カウンセラー
(臨床心理士)
がんに伴う心の問題に対して、心理学的立場から、専門的にサポートします。
理学療法士・
作業療法士
がんが進行し、今までのように体が動かなくなってきた時に、残された機能を最大限に活用して生活をするためのリハビリをします。
栄養士 がんの治療に伴う副作用(食欲低下、口内炎)のために食事が進まない時、どのような食事をとったらよいのかアドバイスしてくれます。

ページトップへ戻る▲