野の花プロジェクトのご紹介
「野の花プロジェクト」のミッション

このような状況の中で、2007年4月1日に施行された「がん対策基本法」に基づき、「がん対策推進基本計画」が策定されました。その重点課題の一つが「治療初期段階からの緩和ケアの実施」で、都道府県単位での推進が求められています。

岡山県では、県および地域がん診療連携拠点病院において緩和ケアチームが整備されていますが、「今後は、それ以外の医療機関での緩和ケアの普及が必要」(岡山県医薬安全課)とされています。
また岡山県では医療用麻薬による「がん疼痛治療」を実施する医療機関や、調剤の実施可能な薬局は整えられてきている一方、その推移は必ずしも順調とはいえません。今後は、患者さんやその家族、また一般生活者の方々への啓発が必要になると思われます。
「野の花プロジェクト」は、地域レベル、コミュニティーレベル、家族レベルにおける啓発活動を通して、岡山地域から「緩和ケア」の実施と「がん疼痛治療」の普及に貢献しようとするものです。

ページトップへ戻る▲